展覧会の様子はfacebookにも随時更新しています。
どうぞご覧くださいませ。









ごあいさつ

私の憧れる陶の偉人の作品を観ると、はりつめた
緊張感に引き込まれます。その質感をつくりだす
ための高温の焼成にも耐え、歪みのない、はりの
ある独創的な造形に恐ろしいものを感じます。そ
れらを完成させるまでの計算しつくされた仕事を
思うと、背筋が凍るほどです。これらの密度のあ
る仕事を考えると、残してきた作品の数が少ない
のもわかるような気がします。数をつくるのでは
なく、完成度の高い仕事を残すこと。焦らず、一
点に向き合う事が今の自分ができることです。悩
み、失敗もいろいろありましたがこの一年間ゆっ
くり作りためてきた銹陶の全てをご覧いただけた
ら幸いです。
                   井口大輔


ひとこと

独自のマチエールを身にまとい
独創の形を深めて行く・・・・
井口大輔のスタイルがこの
銹陶(しゅうとう)」と銘した一連の作品である。
彼の作品は近年、日本国内に留まらず
海外のギャラリーや個人コレクターからも
注目を集め始めており、その評価の高まりとともに
少しずつ少しずつ拡がりを見せております。
小さな作品であっても一作一作に込める
気持と手間はどれも同じで、品と格という
ものを備え持っており、見る者を圧倒します。
私もお客様と共にどんな作品が並ぶのか・・・・
心から楽しみにしているのです・・・・
              現代工芸 藤野屋
                  小林建夫

作品の一部をご覧下さい....

1.「始まる」
 W26.9 D18.4 H25.3cm
 ご売約済み
2.銹変陶壺
 W22.0 D28.3 H45.0cm
 ご売約済み
3.黒銹陶銀彩壺
 W34.5 D26.5 H36.6cm
 ご売約済み
4.銹陶銀彩器
 W34.7 D31.4 H23.8cm
 594,000円
5.銹変陶銀彩器
 W29.2 D25.8 H27.0cm
 432,000円
6.「探る」
 W32.5 D25.2 H29.1cm
 540,000円
7.銹変陶銀彩壺
 W24.0 D17.3 H32.9cm
 ご売約済み
8.銹変陶銀彩器
 W27.7 D25.2 H18.4cm
 ご売約済み
9.彩銹陶銀彩鉢
 W40.6 D23.3 H19.8cm
 ご売約済み
10.銹変陶銀彩器
  W35.9 D30.0 H30.8cm
  ご売約済み
11.銹変銀彩香炉
  W17.4 D15.5 H15.3cm
  ご売約済み
12.彩銹陶壺
  W20.8 D18.1 H33.9cm
  ご売約済み
13.銹陶銀彩壺
  W29.7 D27.5 H37.5cm
  ご売約済み
14.銹陶銀彩茶盌
  W17.7 D12.8 H10.2cm
  ご売約済み
(図録外)
 黒銹陶銀彩皿
 W33.5 D37.2 H5.0cm
 ご売約済み










ごあいさつ

陶芸ならでは の絵とは・・・・
陶器でしか表現できない モノとは・・・・

「絵付けした文様のデザインとリズムがうまく行けば
 作品は生き生きしたものになる。そのためにはモチーフの
 簡略化が一番大事でそれが出来てないとどう配置してみても
 俗っぽいものになるからネ、それが出来て初めて器に応じた
 自由な文様の構成が出来て来る訳ヨ・・・・あとは釉調に品が
 無いとダメだネ・・・・だから焼きに神経を使うしかない・・・・」

先生がお元気な頃 私がつまらない質問をしたときに答えて
いただいた「鉄絵」の話ですが、「陶ならではの絵」それを
創り出す事に腐心する田村耕一の日常であった、と思います。

今展は田村先生が来年 生誕100年を迎える事から
人間国宝の認定を授けた「鉄絵」作品に絞って60点の
優品を一堂に展観し、その魅力ある鉄絵の世界を
お楽しみいただきたいと思い企画いたしました。
                     
                    現代工芸 藤野屋
                    代表取締役 小林建夫

作品の一部をご覧下さい....

鉄絵鉄仙花陶板(共箱)
W39.2 D17.6 H2.4cm
鉄絵草花文壺(共箱)
H26.6 W14.0cm
鉄絵銅彩ほたるぶくろ文壺(共箱)
H23.4 W18.0cm


※作品の価格が未掲載のものについてはお問合せください。


Copyright © Gendaikougei Fujinoya All Rights Reserved.

このページのトップへ

inserted by FC2 system